埼玉県さいたま市浦和エリアでインプラントなら若島歯科医院まで

運営:若島歯科医院

歯を失った方への治療法の違い

歯を失った場合の治療法は主に「インプラント治療」「ブリッジ治療」「入れ歯治療」があります。ここでは、その3つの治療法の違いをご紹介します。

 

インプラント

歯を失った部分に人工の歯根を手術によって埋め込む治療法方です。人工の歯根はチタンでできており、術後にご自身のあご骨と結合をするため、がたつかず、天然の歯と同じ感覚で食事をしていただけます。

歯を失ってしまっても、もう一度自分の歯で食事することを可能にする治療なのです。

 

インプラント治療のメリット

自分の歯と変わらない感覚で噛む事ができ、異物感がない。

周りの歯を傷つけない。

1歯欠損から全歯欠損まで対応可能。

見た目の仕上がりが自然。

 

インプラント治療のデメリット

外科的な治療が必要。

インプラントを専門に行っている医院が少ないため、最先端の治療を受けられる場所が限られる。

保険適用外の為、治療費は自己負担になります。(医療費控除を受けられます)

 

 

ブリッジ治療とは

ブリッジ治療は、失った歯の数が少ない場合によく使われます。歯のない部分を補うために両隣の歯を削り、連結した人工歯で橋をかけます。

ですが、ブリッジは人工歯を支える両隣の健康な歯を削り、大きな負担をかけることになりますので、負担をかけた歯が、今度は悪くなってくる可能性を否定できません。

 

ブリッジ治療のメリット

・固定式のため、装着感がない。

・使用する素材によっては保険適用が可能。

ブリッジ治療のデメリット

・人工歯を支えるために、両隣の健康な歯を削ってしまう。

・歯を支える歯根の数が少なくなるため、その歯根には食事の際に負担が大きくかかる。

・多数の歯が欠損している場合にはブリッジ治療はできない。

・使用するブリッジの素材によっては、保険適用外で治療することになる。

 

入れ歯とは

歯を複数失ってしまった場合に行う治療法です。ブリッジ治療のように自身の健康な歯を削ることはありませんが、デメリットとして入れ歯が不安定であることが挙げられます。ブリッジ治療と比べて噛む力も弱くなり、違和感が強く、それによって肩こりや頭痛などを引き起こす方もいるといわれています。

 

入れ歯の種類

・部分入れ歯

左右両方の奥歯を失った場合などに使用します。

・総入れ歯

すべての歯を失った場合は、歯茎の上にのせる総入れ歯(総義歯)を使用します。

 

入れ歯のメリット

・一般的な治療方法なので、非常に多くの歯科医院で治療を受けることができる。

・使用する素材により保険適用が可能。

 

入れ歯のデメリット

・装着時に異物感があり、発音が阻害される。

・食事の際の味覚や触感が損なわれる。

<div class="banner_2x"> <div class="in_button2_1"><a href="http://soudan-implant.com/mail.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button.png"></a></div> <div class="in_button2_2"><a href="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/request.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button2.png"></a></div> </div>