埼玉県さいたま市浦和エリアでインプラントなら若島歯科医院まで

運営:若島歯科医院

最新の医療設備 CT診断システム

CTscanner 

当院では、世界中を飛び回り、

常に最新の歯科治療の情報を収集し、

患者様の安心安全を実現するためには、

投資を惜しまず、最新鋭の設備を取り揃えています。

その一つが最新のCT診断システムです。

 

CT診断の導入により、3Dで立体的に計測できるようになりました。

例えば、従来のシステムではわかりにくかった

インプラント周辺の骨密度データを計測できる世になりました。

こういったより詳細なデータを計測できるようになったために、

より正確で緻密なインプラント治療が可能になりました。

 

ct2ct3 ct4

 

CT診断システムは大変高価なシステムなため、

多くの歯科医院では導入していません。

 

インプラント手術では神経管や血管の位置や骨幅、

骨質などを正確に診査・診断し、

手術の際の危険を事前に把握することが必要です。

顎の骨や周りの組織の形・大きさ・位置は

一人ひとり異なりますので、

確実に把握したうえで診断・治療を行わなければなりません。

通常のレントゲン写真では、

骨の影になった神経や血管 を確認できません。

複雑な神経系や血脈な流れ、

筋肉や骨の構造をより良く把握するために、

CTを撮影して3次元(立体)の画像での精密検査は

欠かすことができないのです。

 

CTによる精密検査の後、

最終上部構造装着時のベストポジションの想定や

不必要な骨移植・骨造成の回避、

そして、手術方法の決定などを行い、

患者様にとって最適な手術方法を決定します。

 

このようにCT撮影は、

インプラント治療を的確に進めるうえでとても重要です。

 

また、そうすることで患者様の外科手術に対する不安感や

恐怖心を軽減することができ、

当クリニックでの治療に不安なく臨んでいただけると考えております。

 

インプラント治療の前にCTを撮る必要がある? インプラント治療のための検査

 

インプラント治療は人工歯根を埋め込むことで、

より安定した人工歯を設置する治療法です。

この治療法は従来のような

入れ歯やブリッジによる歯の設置とは違って、

顎骨の部分にまで歯根を埋め込みます。

 

インプラント治療は従来の人工歯治療に比べて

安定性のある人工歯を手に入れられる治療法ですが、

治療を行う際にCTスキャンを必要する場合があります。

 

何故、CTスキャンを行う必要があるのでしょうか? 

一般的な歯科用のレントゲンではいけないのでしょうか?

 

インプラントは従来の人工歯治療とは違って、

顎骨にまで影響を与えてしまう治療方法です。

歯科で行われているレントゲンでは、

骨の状態を二次元的に確認することしか出来ないのが、

インプラント治療を考える上では大きなデメリットになってしまいます。

 

インプラント治療で埋め込まれる歯根は、

常に顎にたいして真っ直ぐ埋め込まれるだけではなく、

ある程度の角度をもって埋め込まれることもあります。

 

つまり、二次元的なレントゲンによる撮影だけでは、

インプラントを行う上で必要な情報は

集まっていないことになってしまいます。

 

ブリッジによる治療は入れ歯治療は、

歯根自身を埋め込まないため二次元的な情報のみで十分です。

CTスキャンはインプラント治療を行う上では

重要な役目を持っていると言われています。

 

一般的なレントゲンによる診断では、

骨の状態のみを確認しますが、

CTスキャンでは三次元的に顎骨を調べる事ができます。

 

三次元的に骨を調査する事が必要な理由は、

インプラント治療用の歯を設置する場所の確認を行って、

実際に設置するかどうかを検討するための

情報を得るだけではありません。

 

歯根を埋め込む際に、

もしも神経を傷つけてしまえば後遺症を残す可能性があります。

CTスキャンを行えば

神経の位置も確認できるので

安全なインプラント治療を行う事が出来ます。

 

例えば、三次元的に歯を確認して、

歯根に異常のある歯が多く見つかったとしましょう。

 

インプラント治療は顎骨だけではなく、

歯茎の状態も確認しなければなりません。

もしも、他の歯根に異常のある状態のまま

インプラント治療を行えば、

の歯根だけではなく歯茎全体に

大きな問題を引き起こす場合があります。

 

インプラント治療は手術を必要とする治療法ですが、

その治療を行う際に非常に体力を消耗します。

 

もしも、歯茎や歯茎に異常のある状態で

インプラントを行ってしまえば、

症状が進行してしまって、

歯茎が維持できない状態になってしまう可能性があります。

 

インプラント治療は従来の治療法とは違って

三次元的に口全体を捉える必要がある

という事は先に説明しました。

CTスキャンは今まで馴染みが薄いという人も多く、

敬遠しがちな検査方法ですが、

ここまででその有用性は説明できたかと思います。

 

歯科用のレントゲンでは二次元的な撮影しか出来ないので、

もしも違った視点から歯を様子を知りたい場合は

何枚も撮影する必要が出てきてしまいます。

 

一方で、CTスキャンなら一回の撮影で済むために、

何度もスキャンを行う必要は無いのです。

この回数を減らすということも、立派なメリットになります。

何故ならば、レントゲンやCTスキャンで歯を調査するとき、

X線を利用します。

このX線は人体を通りぬける放射線のため、

複数回撮影を行えば、それだけX線量も増加してしまいます。

CTスキャンなら一度の撮影で撮影が完了するので、

このX線量を大幅に抑えることが可能になります。

 

また、従来のX線検査では感板に像を写していたので、

像がわかりにくいという問題がありました。

しかし、CTスキャンならばパソコンにデータを移して、

よりわかりやすく細部まで確認ができるので

説明を受ける際も良心的な撮影方法となっています。

CTスキャン用の設備を持っている歯科は、

現在増えてきています。

あなたの歯を深く知るためにも、

CTスキャン設備のある歯科を探しておきましょう。

 

 

CT撮影が必要となる3つの症状

CT撮影が必要とお医者様からの説明があった時、

多くに人が真っ先に思いつく症状といえば

悪性腫瘍(がん)の可能性であると言えます。

 

実際に通常の血液検査や定期健康診断などで

異常が現れがんの可能性が出てきてしまった場合に

CT撮影の必要性が出てきます。

 

とはいってもがんの可能性が出てきたからといって

最初からCT撮影をお医者様から薦められることは

あまりありません。

 

多くの場合は血液検査からの異常ならば

腫瘍マーカー検査が行われることから

始める場合がほとんどです。

 

またがんの早期発見に対して

非常に多くの貢献をしている胃や腸カメラ検査においても、

その場で処置したり写真の写り具合によっても

カメラ検査のみで大丈夫な場合もあります。

 

問題となってくるのは

カメラでは見えない部分の内臓系に

ガンの可能性がある場合や、

腫瘍の転移の可能性が疑われる場合には

かなりの確率でCT撮影を行うことが

多いと言われています。

 

通常のCT撮影の他にも

最近ではがんの検査としては

PET/CT(陽電子放射断層撮影法)という

通常のがんのCT撮影を

より精密に診断できる方法が取られる場合があります。

これらのCT撮影に関しては

技術の進歩のおかげて

患者本人に対しては負担がほとんど少なく、

かなりの短時間で検査ができるため

今日のがん診断には欠かせないものとなっています。


CT撮影が必要な場合という状況には、

主にがんに可能性が疑われる場合が

大きな理由の一つですが、

う一つ大きな病気の可能性として

脳関係の病気が疑われる場合に

CT撮影をすることが多々あります。

 

脳関係の病気で主なものといえば

脳出血・脳梗塞・脳腫瘍などの場合が挙げられますが、

これらの症状の場合は通常の健康診断では

症状や兆候が見られることは稀であり、

がん診断のような比較的症状の早い段階での

CT撮影という状況とは違い、

脳の症状が進行して倒れたり意識が昏倒したりなどの

緊急的な状況において

CT撮影が行われることも少なくはありません。

 

勿論早期発見ができれば良いのですが、

このような緊急的な状況においては

CT撮影のような検査時間がとても短く、

患者さんへの負担がとても少ない特性は

非常に役にたつものであり、

今日の脳における疾患の基礎的な診断と

治療に多くの貢献をしてきたと言えるでしょう。

また、このようにしてCT撮影で撮影された症状のある場所は、

これらの脳疾患に付随する緊急的なオペに関しても、

その手術方針を決め治療する場所を

しっかりと特定するためには必要不可欠なものになっています。

そのため、MRIのような診断と合わせて

今日の脳疾患の診断にCT撮影は

大きな貢献を果たしているということが出来るでしょう。


CT撮影は様々な病気や症状で使用されていますが、

大きなガン・脳疾患のような場合は

勿論のこと小さな部位にも使用することができ、

とくに歯医者のインプラント治療の際には

その仕上がりを万全にするために

使用されることも多くあります。

 

歯のインプラントはその部所が小さいとはいえ、

それを支える顎や顎関節などの具合は人様々であり、

一つでも間違えた入れ方をしてしまうと

噛み合わせからくる不調やインプラントの維持に

問題がでることがあり、

そのために入念な下調べとして

CT撮影が行われることがあります。

 

このようなかなり複雑な骨や骨格でできている

場所に関しても

CT撮影は大変に有効な情報を与えてくれます。

 

三次元的に動く顎や吻合の具合に関しては、

CT撮影による3D写真により個人の状況が

分かるだけではなく、

その骨回りの厚みや硬さまでもが

今日では把握することができるようになりました。

当然のごとく処置すべき場所が

正確に把握できるようになれば、

インプラント治療自体に関しても

治療時の痛さが軽減できるので、

歯医者の方から薦められる場合が多くあります。

ガンや脳のようなCT撮影の機械のような

全身をドーム上に覆う形とは違って、

歯の部分だけを取るため

このCT撮影は非常にコンパクトな形をしており、

さらに患者への負担が少ないのも特徴です。

 

 

<div class="banner_2x"> <div class="in_button2_1"><a href="http://soudan-implant.com/mail.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button.png"></a></div> <div class="in_button2_2"><a href="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/request.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button2.png"></a></div> </div>