さいたま市を中心に埼玉・浦和エリアでインプラントに手術20件以上・累計25,000件以上の実績と経験。

運営:若島歯科医院

顎骨骨髄炎とは

顎骨骨髄炎は、感染が骨髄に波及して発症した炎症です。骨髄の炎症ですが、同時に骨質や骨膜も侵される難治性の病です。顎骨骨髄炎は上あごと下あごのいずれにも発生しますが、下あごの特に臼歯部に頻発します。

 

顎骨骨髄炎の症状

顎骨骨髄炎になると、このような症状が発生します。

①    あごが痛い

②    口腔粘膜や皮膚が腫れや、赤くなる

③    歯がぐらぐらする

④    歯をたたくと痛い

⑤    晴れている側の下唇に知覚異常がある

⑥    膿が出る

⑦    リンパ節が腫れる

⑧    高い発熱

⑨    食欲不振

⑩    倦怠感

 

顎骨骨髄炎の原因

顎骨骨髄炎はこのような原因で発現します。

①    虫歯や歯周炎などの炎症

②    顎の骨折や主要などの二次感染

③    抜歯後の細菌感染

④    根管治療に使用した薬剤の刺激

⑤    骨粗鬆症治療の薬剤「ビスホスホネート製剤」の利用後に、適切なコントロールを受けずに外科処置を行う

⑥    全身疾患(糖尿病、栄養障害、免疫力低下、代謝障害など)

 

こんなときは要注意

発症のタイミングはさまざまですが、以下のような場合に顎骨骨髄炎に感染する確立が高まります。

①    虫歯に起因する歯性感染症にかかったとき

②    智歯周囲炎(親知らず)にかかったとき

③    抜歯したとき

④    顎を骨折したとき

⑤    骨粗鬆症薬ビスホスホネートの服用暦がありながら、インプラント手術をしたとき

 

顎骨骨髄炎の治療

顎骨骨髄炎の診断には、X線検査、CT撮影、MRI検査、血液検査などのデータを必要とします。顎骨骨髄炎の診断が下ると、抗菌薬の点滴静脈注射、炎症を起こしている骨髄部分の抗菌薬による洗浄、炎症部の切除手術などが行われます。

 

顎骨骨髄炎の治療法のひとつにインプラント治療があげられます。

 

しかし、容易に選択しないほうがよいでしょう。

顎骨骨髄炎は様々な問題がありますので、慎重に治療方法を選びましょう。

 

インプラント治療の可能性があるかどうかは是非ご相談下さい。

<div class="banner_2x"> <div class="in_button2_1"><a href="http://soudan-implant.com/mail.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button.png"></a></div> <div class="in_button2_2"><a href="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/request.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button2.png"></a></div> </div>