さいたま市を中心に埼玉・浦和エリアでインプラントに手術20件以上・累計25,000件以上の実績と経験。

運営:若島歯科医院

糖尿病のインプラントへの影響

糖尿病は進行すると抵抗力や免疫力が低下し、傷が治りにくくなります。また、合併症として歯周病を引き起こしやすくなると言われています。インプラント治療は歯肉の切開などの手術を伴う治療法です。そのため、細菌に感染しやすく、傷が治りにくい糖尿病の方については、インプラント治療を行うか否かを慎重に判断する必要があります。

 

糖尿病によるインプラント治療のリスク

免疫力が低く、傷が治りにくい

糖尿病を患っている方は、免疫力が低くなっています。免疫力が弱いと、傷がなかなか塞がらないなどの不調が起こってきます。インプラント治療は外科手術が必須の治療です。糖尿病の場合、免疫力が弱い為術後の細菌感染のリスクが、健康な方よりも高くなってしまいます。

 

手術前後で、食事ができず血糖値が下がる危険性がある

インプラントの手術後、通常の食事を出来なくなることも、リスクの一つです。

麻酔を使用する手術後は、麻酔が切れる、あるいは治療部位が治癒するまで、食事が十分に摂れない期間が(処置に応じて数時間から数日間)あります。その場合、薬物療法をしている方は低血糖状態になってしまう可能性があります。

 

 

糖尿病でもインプラント治療は可能

残念ながら、全ての糖尿病の方がインプラント治療を行えるわけではありません。ですが血糖値のコントロールをうまく行えれば、インプラント治療も可能です。

 

あくまでも目安ですが、糖尿病の状態を確認する指標HbA1c(ヘモグロビンA1c)の数値が6.5%未満なら手術は可能、7%以上ならばリスクが高い為治療を避けるのが良いとされています。

<div class="banner_2x"> <div class="in_button2_1"><a href="http://soudan-implant.com/mail.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button.png"></a></div> <div class="in_button2_2"><a href="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/request.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button2.png"></a></div> </div>