さいたま市を中心に埼玉・浦和エリアでインプラントに手術20件以上・累計25,000件以上の実績と経験。

運営:若島歯科医院

歯周病で歯を失った場合

歯周病で歯が抜けてしまったのでインプラントがしたいと考えていらっしゃいますか?

 

歯周病になったときのインプラント治療

歯周病にかかると、初期段階では自覚症状がないために放置してしまいます。そして、気づいた頃には重症になっていて、歯が抜ける寸前になっていることもあります。実は、歯周病になっている場合、いくらインプラント治療を受けたくても、すぐにインプラント治療を受けることはできません。というのも、インプラントを埋入して治療を進めても、歯周病菌が入り込んで炎症を引き起こしてしまうからです。

 

もしも、歯周病で歯が抜けてしまったためにインプラント治療を受けたいという場合には、まず、口腔内の環境をすべて完璧に整える必要があります。歯周病や虫歯が残っている状態では、インプラントの寿命が短くなることが報告されています。

 

インプラント歯周病

また、天然の歯の周辺に起こる歯周病に加えて、インプラントにも同様の炎症が発生することがあります。これを、インプラント周囲粘膜炎やインプラント周囲炎と呼びます。歯周病の患者様が、口腔内に歯周病原細菌を放置したままの状態でインプラント治療を行うと、インプラント周囲炎を引き起こすといわれています。

 

インプラントの隣の歯が歯周病である場合には、インプラント部分に短期間で歯周病原細菌が増殖し、短期間で歯周病に感染してしまいます。したがって、インプラント手術よりも歯周病治療が優先することになります。

 

歯周病後のインプラントケア

また、インプラントの人工歯は、天然の歯よりも汚れがつきやすく、丁寧なケアとメンテナンスが必要です。このケアとメンテナンスを怠ってしまうと、インプラント周辺に炎症が起こります。インプラントの周辺には神経がありませんので、気づいたときには手遅れになっている可能性も高くなります。

 

歯周病の方もご安心下さい。

当院では、しっかりとお口のメンテナンスをして、安全な状態にしてから治療に取り掛かります。

<div class="banner_2x"> <div class="in_button2_1"><a href="http://soudan-implant.com/mail.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button.png"></a></div> <div class="in_button2_2"><a href="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/request.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button2.png"></a></div> </div>