さいたま市を中心に埼玉・浦和エリアでインプラントに手術20件以上・累計25,000件以上の実績と経験。

運営:若島歯科医院

人工歯選びのポイント

人工歯とは

人工歯とは、失った歯の機能を回復させるために作られる、人工の歯(被せ物)のことです。インプラント治療においては、人工歯根に被せることで天然歯と同等の審美性を取り戻すことが出来ます。

 

当然、患者様の状態や嗜好によって人工歯選びのポイントは変わってきます。ここでは、それぞれの場合にどのようなことに注意して人工歯を選んだらよいのかについてご紹介します。

 

見た目を気にする場合

インプラント治療において見た目を気にする場合は、セラミックからなる人工歯を選択することになります。

 

オールセラミッククラウン

人工歯の中で最も審美性が高いのがオールセラミッククラウンです。艶があり変色や汚れに強い上に自分の歯のような色調を再現することが出来ます。しかし、全てセラミック(陶器のような素材)からなるため割れやすいといった欠点があります。

 

ジルコニアセラミッククラウン

オールセラミッククラウンの次に色調を再現することができるのがジルコニアセラミッククラウンです。表面にセラミックを焼き付けたジルコニア(人工ダイヤモンド)を使用しているため、割れる可能性が低いのが特徴です。しかし3種類のセラミックの中では最も費用負担が大きいでしょう。

 

メタルボンド

葉の表面にセラミックを焼き付けた、金属の人工歯です。上記の2つに比べて審美性は劣るものの費用を抑えることが出来ます。変色や汚れにも強い素材ですが割れる可能性はあります。

 

ハイブリットセラミッククラウン

白い人工歯の中では一番費用を抑えられるのがハイブリットセラミッククラウンです。セラミックにレジン(プラスチックのような素材)を配合したもので、セラミックの人工歯よりもやわらかく割れにくいですが審美性では劣ります。また、すり減りやすいという特徴があります。

 

 

費用を抑えたい場合

ゴールドクラウン

ゴールドクラウンは、天然歯と同等の硬さの金属で、セラミックに比べて対向歯を痛めることはありません。噛む力が強い方や、食いしばりが強い方に適した人工歯といえるでしょう。しかし白い人工歯と違い、金属であるため審美性の面では奥歯のみでの使用が一般的です。

 

パナジウムクラウン

保険治療で使用する「銀歯」と同じ材料で最も費用を抑えることができるのがパナジウムクラウンです。強度はあるものの、経年的に錆が生じ劣化します。こちらもゴールドクラウンと同様に奥歯のみで使用となります。

<div class="banner_2x"> <div class="in_button2_1"><a href="http://soudan-implant.com/mail.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button.png"></a></div> <div class="in_button2_2"><a href="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/request.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button2.png"></a></div> </div>