さいたま市を中心に埼玉・浦和エリアでインプラントに手術20件以上・累計25,000件以上の実績と経験。

運営:若島歯科医院

2回法について

インプラント手術 2回法とは

2回法では、歯肉を切除する外科手術を2回行います。

まず1回目の手術でインプラントを骨に埋入し、歯肉をインプラントの上から元通りに縫合します。その後、インプラントと骨が結合するまで患部を安静にします。

 

安静にする期間は、インプラントと骨が結合するまでの、上顎で4ヶ月から6ヶ月、下顎で3ヶ月から4ヶ月です。骨量が足りない場合などで、サイナスリフトなどの骨造成手術を行った場合は、初回の手術後6ヶ月程度治癒期間を置いてから、2回目の手術を行います。

 

2回目の手術では、歯肉を切開後、インプラントの頭を出し、アバットメントを取り付けます。その後、インプラントに取り付ける人工歯を作成していきます。

 

 

2回法の特徴

・インプラント治療ほぼ全てに対応できる。

・骨造成など感染へのケアが必要な治療に適している

・感染が起こる可能性が1回法に比べ低い

・手術を2回行うので、患者様の肉体的負担と費用の負担が大きい

<div class="banner_2x"> <div class="in_button2_1"><a href="http://soudan-implant.com/mail.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button.png"></a></div> <div class="in_button2_2"><a href="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/request.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button2.png"></a></div> </div>