さいたま市を中心に埼玉・浦和エリアでインプラントに手術20件以上・累計25,000件以上の実績と経験。

運営:若島歯科医院

抜歯待時埋入法

抜歯待時埋入法とは

抜歯待時埋入法とは、抜歯後な患部が回復した4~16週後にインプラントを埋入する方法です。従来からインプラント治療で行われていた治療法です。

 

虫歯や歯周病、ケガなどで抜歯が必要になった場合、歯槽骨が痩せてしまっている、歯肉・骨が損傷している、などの可能性があります。損傷が大きいままでインプラントを埋め込むと、感染を起こしてしまったり、インプラントを狙い通りに埋入できない場合もあります。そのような場合には、抜歯した患部・骨の回復を待ってから、インプラントを埋入します。

 

抜歯待時埋入法のメリット

・治療の適応対象が広い

・感染のリスクを最小限にできる

・抜歯した患部・骨の治りを待つため、抜いた歯の形に影響されず理想的な場所へインプラントを埋入できる。

 

抜歯待時埋入法のデメリット

・傷口が治ることを待ってからインプラントを埋めるため、治療期間が長くなる

・外科手術が多くなる

<div class="banner_2x"> <div class="in_button2_1"><a href="http://soudan-implant.com/mail.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button.png"></a></div> <div class="in_button2_2"><a href="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/request.html"><img src="http://soudan-implant.com/ief0ush8ciwee7Yoghuushu1naefee3O/wp-content/themes/temp/image/button2.png"></a></div> </div>